観光農業を通じて作る新しい地方との関わり方。「丹波の黒豆」シェアオーナー
    観光農業を通じて作る新しい地方との関わり方。「丹波の黒豆」シェアオーナー
    観光農業を通じて作る新しい地方との関わり方。「丹波の黒豆」シェアオーナー
    観光農業を通じて作る新しい地方との関わり方。「丹波の黒豆」シェアオーナー

観光農業を通じて作る新しい地方との関わり方。「丹波の黒豆」シェアオーナー

¥27,500 税込

商品が届く
枝や土が付いたままの作物や、食べ頃の時期に合わせた生産物をお届けします。
特別なレシピ
地元ならではの食べ方や、生産者さんのおすすめレシピをお届けします。
生育状況の定期配信
オーナーの畑や田んぼの様子が、生産者のコメントとともにオーナー限定で定期的に配信されます。
限定イベント
オーナー限定で種や苗の植えつけ、収穫体験などを現地で体験できます。
あなたの看板設置
畑や田んぼのオーナー区画に、写真やニックネームの看板などが設置されます。
自宅で体験キット
自宅のベランダなどで育てられる栽培キットなどをお届けします。
限定プロジェクト
生産者や他のオーナーと一緒に、生産物を活用した新商品開発企画へ参加できます。地元企業とのコラボレーションの可能性も。
オリジナルグッズ
ロゴ入りグッズや、一般販売されていない商品などをお届けします。
地域ブランド
特定の地域でのみ生産される物や、地域ブランドに認定された商品です。
コミュニティ重視
生産者や同じプロジェクトに参加しているオーナーの方と、コメントやイベントなどで交流ができます。
不作の場合は代替品をお送りさせていただく場合がございます。 利用規約についてはこちら

Description

丹波たぶち農場では、コシヒカリ、黒大豆・黒枝豆、いちご等を生産しています。
自家製の堆肥づくりも手がけ、「自然にも体にも優しい農業」を実践しています。
いちご狩りや黒枝豆の収穫体験といった観光農業にも力を入れ、10年以上前からイベント実施を重ねてきました。
収穫時の選び方やおいしい食べ方など、ちょっとした知識も交えながら、参加者との交流を毎年楽しみにしています。
オーナーの皆さんにもお会いできるのを楽しみにしております!

【丹波黒とは?】
丹波黒(たんばぐろ)は、古くから丹波地域で栽培されている大豆・枝豆です。
兵庫県の特産物のひとつで、西日本では正月のおせち料理に欠かせない食材です。
一般の大豆と比べ、およそ3倍ほどの重量があります。
ふっくらつややかとした美しさ、豆本来の香りや濃厚な風味、もちもちの食感は、多くの人に愛されています。

◆収穫時期によって呼び名が変わる丹波黒◆
丹波黒は、サヤが若い10月には「枝豆」として収穫されます。
収穫時期はわずか2週間ほどと短いため、手に取ることができる機会は貴重です。
10月に枝豆として刈り取らず、そのまま枯れるまで待つと、11月下旬頃に「黒豆」として収穫することができます。

品目

丹波黒(大豆)

所有対象

丹波黒(枝豆・大豆)の畑

所在地

兵庫県丹波篠山市

募集期間

2023年3月31日まで

オーナー期間

ご入会頂いた日 〜 2023年11月30日

商品発送時期

12月頃と1月頃を予定

オーナー特典

特典 1 丹波黒豆・2kg

2022年に収穫した丹波黒豆をお送りします。
ぜひ、おせちの黒豆を作って楽しんでください。

特典 2 丹波たぶち農場加工品セット

黒大豆きな粉、黒豆茶などをお届けします。

特典 3 畑の前に看板を設置

あなたのお名前(ニックネーム可)を看板に記載します。

特典 4 育成日記の定期配信

皆様の畑の様子を配信します。生産者視点での喜びや苦労などをぜひ共有させてください!

特典 5 丹波枝豆の収穫体験

2023年10月開催を予定しています。

※ オーナー制の内容はさまざまな理由により変更になる可能性もあります

その他

種まきから収穫まで、丹波黒の1年を体験することができるシェアオーナー制度です。
丹波黒は300年もの歴史があり、丹波篠山市が誇る特産品です。
伝統を未来に引き継ぐために、オーナーの皆様のお力をお借りしたいと思っています!
よろしくお願いいたします。

注意事項

原則として、キャンセルすることはできません。やむを得ない事情がある場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

生産者

丹波たぶち農場

丹波たぶち農場

兵庫県 丹波篠山市

丹波たぶち農場は、丹波篠山市の中の旧西紀町に位置し、黒豆の栽培においても適している土地にあります。
農場経営においても、常に自然と地域に向き合いながら、真心を大切にした農業を実践しております。
伝統的な農法を守りながらも、新しい取り組みも大切にしています。